週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

黒部ダムの魅力。 -思いが作るもの-




ニコニコ動画より。

もう説明なんて不要ですよね。 ぜひ2動画とも観てほしいです。

幼き頃、亡き父に連れられその思いを知らずに訪れた黒部ダム。
ダム好きとか関係なく、個人的な思い出も含め此処は聖地となってしまいました。
直面した途端、ストレートに半端な自分を感じてしまうような気がして訪問することが怖い。

黒部川第4発電所・通称「くろよんダム・黒部ダム」建設の工事殉職者171名
くろよんダム建設以前に進められた第3発電所「仙人谷ダム」建設の高熱隧道工事では殉職者300名余。
戦後の高度経済成長に伴う深刻な電力不足、人命よりもダム建設による電力確保が急がれた時代でした。
建設に携った方々、殉職者全ての方々に家族があり、夢があり、将来があり、未来への思いがありました。

誇りを持つこと信念を貫くこと次につなげること。
コトバではカンタンに言えても、実行することはとても難しいっス。
でも、目標も無くただ単に生きてるのは耐えられない。

自分という存在は一つしかない貴重で孤高のモノだから、どんな風に見られても個を主張すべきと思う。
その主張が強過ぎるなら、社会性や一般論を織り交ぜて受け入れ易くすればいい。
少なくても、人から変に思われても薄っぺらい人にはなりたくない。
個人的なことばっかでごめんなさい。

動画ぜひどうぞ♪
スポンサーサイト

| いろいろ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダム祭 「足跡。」

12月 6日 追記
12月10日 追記


ってなわけで、「ダム祭」終了なわけです。
ご来店いただいた皆様、「足跡。」を残して頂いた皆様、ありがとうございました♪
人知れず頑張るダムたちに代わり、お礼申し上げます。
微妙なユーモアでしたが、なるべくなじみ易い雰囲気を演出しましたがいかがでしたでしょうか?
また、理想と現実だいぶ違うから計画倒れ気味の妥協プランなどなど(爆)
マニアックな写真展でしたのですごくすごく不安でしたが、実際やってみるととても好意的な感想が多く、
ひとつひとつの「足跡。」にとても勇気つけられました。本当にたくさんのご感想をありがとうございました♪
ここで「足跡。」をいただいた皆様へご返答させて頂きます♪
都合良いとこだけを抜粋したくないので、実名とかもバレますがコメントをそのまま転記します♪

また、「足跡。」たくさんありますので、一つ一つをゆっくり追記していきます。
そんで、「足跡。」残されてない方もぜひぜひここでコメントお願い致します♪


●奥田 けんたろうさん●
「岐阜県・大白川ダムの写真を見て、外国にいる様な気持ちになりました。ダムの近くにあるのでしょうか、あの小さな小道を歩いてみたいと素直に思うのです。
岐阜県・大白川ダム

最近見かけるダムの写真というのは昼間の写真がとても多い様に思えます。もちろん、危険というのもあると思いますが、夜、特に、夕暮れ時のダムはとても風情があって、自分自身とても癒されます。それがとても良く撮れているのが静岡県・長島ダムと、岐阜県・高根第一ダムの写真です。
静岡県 長島ダム
岐阜県・高根第一ダム

ぐりぐり@やまぐちいさおさん、いい写真をありがとうございました。」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
岐阜県・大白川ダムは高地にあるので撮影日の6月でも残雪が残るような場所です。近くにはキャンプ場がありますが、ここまでの道中はとても険しく、大白川ダム目当てで訪問される方は少ないようです。ダムの近くにある小道=実はこれが大白川ダムの堤体だったりします♪ 
夕方や夜間の訪問はその施設の性質上ほぼ全箇所が危険です。でも程度の範疇ですから深入りしなければ十分安全です♪夕方・夜間の撮影はダム好きさんの撮影方法として最近人気があるみたいです。昼間のダムとはまた違った雰囲気がありますよね♪
ご感想をいただきありがとうございました♪


●田中ひろゆきさん●
「古いダムは味がありますねぇ~ コーヒーにあいます!!」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
古いダムはぐりぐりも大好きです。
田中さんの言うとおり、古いダムには味わいがあるし何時間観てても飽きないというか。
現地で観る本物はほんとに素晴らしいですよ♪
ちなみにぐりぐりはお酒が好きなので、ダムにはウィスキーお湯割りが鉄板です。(爆)
ご感想をいただきありがとうございました♪


●田中のりこさん●
「日本には、ずいぶんたくさんのダムがある事におどろきました。ダムの写真をとると云う目的を持った旅もすてきですネ」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
日本全国には約2900基のダムがあります。
今回の写真展ではその中のほんの3%程度を展示させて頂きました。
ダムめぐり=旅 ほんとにその通りです。
時間帯や天気、出合った方々、風景や情景、すべて偶然であるし・すべて必然なものと思えます。
旅を通じて様々な事に気づくことができました。きっかけは何であれ旅は最高です♪
こんな旅をしてるヤツもいるんだな~♪って感じでぜひ旅にトライです♪
ご感想をいただきありがとうございました♪


●クラシマショウジさん●
「ダムは写真でみても巨大な事業であることが実感できました。ダムの目的は治水・利水・pH調整など一つ一つ異なるはずです。見なおし、整備することは必要ではないでしょうか。 自然を利用する→負荷をかけることは それなりの環境に対するお礼→メンテナンスが必要なはずです。 今、しっかり考えてみたいですね。」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
私もそのとおりだと思います。 ダムはどんなに環境に配慮しても、自然に対し間違いなく重大な負荷をかけるモノですし、一度失った自然環境を再生させることはとても困難なことですよね。
ダム一基を作るのに計画→完成までに30年以上かかる場合があります。
この時間の長さがポイントで、その当時は必要とされていたダムも様々な先進技術のある現代においては不要となる場合があります。八ッ場ダムがその一つの例です。
おなじことで、過去に活躍してきたダムの中にも近年では役割自体が不要となるケースが出はじめています。それらを整理し、自然環境再生の観点から解体することが必要な時が来ているのではないでしょうか。
役割を全うできないダムはムダでしかありません。ただ、ぐりぐりは思います。 大人の事情はほっといて、「未来に生きる私たちの生活が少しでも豊かになるために。」という思いが全てのダムに共通してあります。いずれ消えゆくモノだとしても、間違いなくその建造物を必要とした時代があり、建設に携った方々の思いは忘れちゃいけないし、その中で私たちは生きている。ですから、今後ダムが如何様な姿になろうとも、感謝の気持ちで一つ一つを忘れないでほしいなって思います。
ご感想をいただきありがとうございました♪


12月6日 追記

●伊藤けんじさん●
「それにしてもよくぞこれだけ訪れたと思います。関東甲信だけでこれだけのダムを造ったとも・・・。そしてこれだけあれば必要性に?のものもあるのではと思います。写真がきれいです。」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
ほんと、よくもまぁこんだけ訪問したもんだと自分でも関心してます。
ダム多いですね!そしてちゃんと一つ一つが役割を持って活躍してるんですよ♪
実はぐりぐりの訪問するダムは重力式・アーチ式・ロックフィル式とそれらの亜種にほぼ限定しています。
単純にそれらの型式のダムが好きなだけですが、他型式まで含めるとハンパない数になっちゃいますので。。。
伊藤さんのおっしゃるとおり、近年ではたしかに必要性に?なダムがあるようです。
それらは素直に役割を全うしたものとして、自然本来のあるべき姿に戻す時期が来ていると思います。
ご感想をいただきありがとうございました♪


12月10日 追記

●トミーさん●
「正直、ダムがこんなに素晴らしい物だとは思いませんでした。美しいですね・・・。ダムの美しさに気づかせて頂き、ありがとうございました。また来たいと思います!」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
ダム建設に携った方達の思いや過去の歴史を知ることで、単に無骨なだけのダムを美しく魅せてくれたのかも知れません。
夕暮れの空や朝焼けの色彩が美しいと思える時と何も思わない時があるように、その情景を見る受け手の心情次第。
今回のダム写真展の真のテーマの部分です。そこを汲み取っていただいたトミーさんに感謝です♪
第二回ダム写真展に向けて、またサクサクとダム撮って来ます!次はもっとすごいですよ♪
ご感想をいただきありがとうございました♪


●大津さん●
「ダム祭、写真とても良かったです。大変な数のダムめぐり、情熱に敬服しました。今後もがんばって下さい。」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
ご来店&ご鑑賞いただきありがとうございました♪
今後は少し足を伸ばして遠方のダムめぐりをしようと思っています。
ぜひぜひ次回もご期待下さい♪
ご感想をいただきありがとうございました♪


●秋山ひろかずさん●
「ファイルにありました横沢第二ダム、すばらしいです。アプローチの状況があればもっとそそられそう。」
528.jpg

○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
今回はほんと突貫作業だらけで大雑把になってしまった部分が多数ありました。見破られました。(笑)
私も横沢第二ダムは訪問時の苦労や危険度合い、行き着いた先の情景から一番好きなダムです。
ネットでも写真って出回ってないんですよね。ここは難所だったという事を後に知りました。。。
ファイルの方の写真、ちょっと所用でUPできませんので別ので。。。ごめんなさい。。。
ご感想をいただきありがとうございました♪


●まりこさん●
「ダム、すごいですっ 私もダムには興味?があって、道でダムの横を通るとドキドキしてます。なんでこんなに大きいんだろうとか海でも湖でも川でもないこの水の溜りは何なんだろうとか不思議な気持ちになります。この水がなくなったら、下に何があるんだろうとか考えるとこわくもなりますっ! ダムってすごいですよね!!!! たまにしかこのお店には来ないのですがダム祭に出会えてよかったですっ ステキな写真ありがとうございました!! いろいろとがんばって下さい!」
○ぐりぐり。
「足跡。」ありがとうございます♪
色んな楽しみ方のできる対象、一言で言うとダムって単純に楽しいですよね♪w
ぐりぐりは相模原貯水池をはじめて見たとき「この水底はきっと金属管ぎっしりハイテク構造で、足でも引っかかったら二度と浮き上がって来れない。」と勝手に想像し、勝手に背筋をゾクゾクさせてました♪(爆)
実際は一部でチュ~っと水を吸い込んでるだけで後はコンクリの水底。それでもチュ~っと吸い込まれたら…。ゾクゾク
久しぶりのご来店で写真展を観て頂けてぐりぐりもとても嬉しいです♪
「いろいろとがんばって下さい!」のコメントには爆笑しました。
たしかに著者近影を見た感想は「お前、いろいろがんばれ。」に行き着きますよね。。。(笑)
ぜひぜひ色んなダムに遊びに行かれてたくさんドキドキして下さいね^^
ご感想をいただきありがとうございました♪


たくさんの「足跡。」ありがとうございます♪
とりあえずここまで。
続きは随時追記します♪

| いろいろ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |