週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長野県 稲核ダム


稲核ダム(いねこきダム)は長野県松本市、信濃川水系・犀川に建設され、昭和40年に完成した東京電力所有の発電用ダム。
最上流の奈川渡(ながわど)ダムと上流の水殿ダム(みどのダム)とともに安曇3ダムと呼ばれ、稲核ダム(いねこきダム)は安曇3ダム中最下流に位置しており、相互間で揚水発電を行っております。
規模的にも、3ダムの中で堰堤高60mと小さく、末っ子的ダムです。

型式はアーチ式コンクリートダム、いくつかある型式の中でもぐりぐりが一番好きな型式です。
小学生の時、家族旅行で黒部ダム(堰堤高日本一のアーチ式コンクリートダム・補足説明しなくても有名ですね・・・)を観た以来、ぐりぐりの人生で2番目に生で観るアーチ式コンクリートダムだったりします。

ぐりぐり地元近県にはアーチ式ダムがまったく無いに等しい。
神奈川県・東京都にはアーチ式は存在しません。
埼玉県の二瀬ダムは厳密にはアーチ式ではなく重力式アーチダム。この型式も珍しいけど。
山梨県には雨畑ダムがありますがほとんどその雄姿は見ることはできず。
静岡県はフォッサマグナに近いので岩盤が脆く、強固な岩盤を必要とするアーチ式は不向きなので無い。

そんなわけで、稲核ダムの雄姿が車の窓から見えた瞬間に雄叫びをあげてました。(怖)
ふつーにヤバイ人です。。。汗

写真手前にある古い橋まで降りて正面から観ることができます。
この橋そのものにも時代を感じるので一緒に写ってたほうが絵になるかも。
迫力のあるダムも良いけど、ダムの魅力はきっとそれだけじゃないですから♪

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・稲核ダム)
関連記事

| 長野県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/105-083eaad8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT