上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神奈川県 道志ダム


道志(どうし)ダムは神奈川県相模原市・相模川水系道志川に昭和30年に建設された堰堤高32.8mの重力式コンクリートダムです。ダムの目的は上水道・工業用水。
昭和54年から導入した汲み上げポンプ式の河川維持放流施設を平成18年に自然流下式に改良し、改良により生まれた遊休落差を利用し小水力発電を行っています。


神奈川県では全国に先立ち、道志ダムを含め隣接ダムの宮ヶ瀬ダムや下部ダムの相模ダム・城山ダム間で地下導水を行い、各ダム間での複合的な水資源の運用を行っています。
その中でも道志ダムのダム湖・奥相模湖は小規模な湖ながら上流に位置する貯水池であるため、見た目以上に複雑な水資源の分配を行っています。

道志ダム

ダムの大きさは33mで、連携しているダムの中では最小規模のダム。
ダム天端は県道となっており一般車の通行は可能です。
大きな3門ゲートを備えた道志ダムには下流を見渡せるバルコニーがついています。
ただ、下流河川はすぐ右に曲がって見えなくなるので、バルコニーの意味あるのかな?とか思います。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・道志ダム)
関連記事
スポンサーサイト

| 神奈川県 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。