上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡県 長島ダム

静岡県 長島ダム

静岡県榛原郡川根本町・大井川本川上流部に建設されたのダム、長島ダム
大井川では明治35年以来本・支流において電源開発が行われ、大井川本川だけでも6ヶ所のダムが建設され一大電源地帯となった。
利水についても昭和22年より農林省による「国営大井川農業水利事業」が着手され、昭和43年に大井川用水が完成し、流域の茶畑や農地に水が供給された。

高度な水利用が行われた反面、治水に関しては多目的ダムを中心とした総合開発がされてなく、年間降水量の多い大井川は度々洪水をひき起こし、昭和29年9月の台風14号は流域に大きな被害を与え、昭和49年7月の通称「七夕豪雨」では静岡県下に甚大な被害を発端として抜本的な治水対策が求められた。

一方、静岡県中部地域は東海道新幹線や東名高速道路の開通に伴って首都圏や名古屋市などへのアクセスが格段に向上し、工場進出や物流の中継拠点として産業整備が活発化、それに伴い急速に人口が増加していった。このため上水道の需要が増大し新規の水供給が不可欠となった。
だが大井川は慣行水利権や発電用水利権が既得権として設定されており、新規に取水するのは他の事業者との調整が必要であり困難が予想された。このため新たなる水がめが求められた。

こうした背景があり、大井川に多目的ダムを建設して大井川流域の治水と利水を賄おうとする機運が高まり、昭和49年に「大井川水系工事実施基本計画」の一部改訂を受けて正式なダム事業として事業が開始。
この「大井川総合開発事業」の中核施設が長島ダムである。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・長島ダム)
関連記事
スポンサーサイト

| 静岡県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/224-a2f9518c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。