上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

城山ダムを目指して -奮闘記その1-

まずはこの写真をどぞ。
夜間の城山ダム。

津久井の方にはお馴染みの城山ダムです。

このダム、きりたった山々に周囲をぐるっと囲まれるような場所に位置しているため

ダム正面からの撮影は非常に困難なダムだったりします。


まずはコチラを見て頂きたい。→ (DamMaps・城山ダム付近)


なので、この撮影ポイントは労せず堤体撮影できますがこの角度までが限界。

そこで今回は 「ダム堤体を正面から撮ろう♪」 というムチャ発想をしてみる。

事態は見えてきた。 あとはカンタンだ。

ダム付近の対岸からアプローチすれば良いだけのことさ。

この安易な発想がとんだ無駄骨になることは誰にも明らかである。


さっそくダムサイトに近い対岸より進行開始。

※以降の写真は全て帰りに撮った写真。行きは過酷すぎた。。。

開始

スタート地点どこ?って感じですが、まずまずの急斜面を降りてきたってことで。

行き止まりで車を止め、いざ道なき道に入ろうとしてる最中

近所の民家の方から不思議そうに見られてたのは内緒。



段差

坂を下ると大きな段差を降りらされるはめに。。。

ってここって入っていいの???

立入禁止って出てないんで進む進む。

先の方にガンタンクが見える。。。



ガンタンク。

これが地球連邦軍の初のモビルスーツ「ガンタンク」である。 ニヤリ



ガンタンク?

この角度からだとさらにガンタンクである。

「ガンダム、大地に立つ」まであと3年要するとか要さないとか。

ってな感じでダムつながりです。 ねぇねぇ、楽しかった楽しかった??ww


城山発電所

対岸には城山発電所が見える。



ここって。。。

ここってほんとは入っちゃいけないのかも。。。汗

立入禁止って出てないのを言い訳とする。



なんだこれ。。。

は?




えらい高さだけど、下ってみる。




これがワールドスペックの短足である。

斜度は30度くらい、前日の雨で見た目以上にぬかるんでました。




下から見ると、やっぱりかなりの高さでした。




ますます入っちゃいけないような場所に。。。

かなりドキドキ。




いつもの道なき道に到着。

若干通った痕跡はあるけどね♪



016_20090608012420.jpg

調子出てきた。

ここまで来ると、謎の使命感が出てきます。




どぉも~♪ まだやってる~?

ねぇねぇ、違うと思うよ~?(ボケツッコミ)



あ!

ふと横を見ると河川敷が!

あともうちょっとかな?




ようやくダムサイト近くまで到着しました。

ただ、こっから先はどうにも行けそうにない上に立入禁止の表記あり。

城山ダムはこっから進んで200m、ぐるっと右に曲がったところにあります。

あともうちょっとなのに~!!!!><



残念ながら今回はここでリタイアです。

でももともと下からはアプローチ無理かな?って感じだったので覚悟はしてました。

本当はもう少し行ける感じもありましたけど、いよいよ大人ルールを破る勢いですし

管理事務所の皆さんにご迷惑がかかりますので。

でも、さすがにここには人っ子一人も居ません。

城山ダムサイト以降で相模川最上流の場所でなかなか珍しい場所です。

残念ながら此処には水の流れはありませんでした。

城山ダムサイト直下の相模川は流れの無い死の川。

河川維持放流は城山発電所で発電に使われた水を流用しています。

強い圧力のかけられた水には生命はほとんど残っていません。

そういう意味で前々から訪れたい場所でもありました。

実際にこの場所に立ち状況を見ると、知っていたことでもショックを受ける。

僕にとっては自然保護とダムはどっちも大切なものです。

課題は多いと思いますが一つ一つを慎重に解決していってほしいものです。


時刻はまだ12時半。
ここで諦めません。 別のアプローチを試みる!!!


城山ダムを目指して -奮闘記その2-  へ続く。

関連記事
スポンサーサイト

| 奮闘系 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

城山ダム

こんにちは~。お邪魔します。
ダムサイトの近くへ辿り着くまでの道のり!険しいですねv-356 驚きました。
それ以上に驚いたのが、流れのない相模川です。
ダムも自然も、人間にとって大切なものですよね。
共存出来る方法はないのかな?と考えさせられます。


| まりな | 2009/06/30 | URL |

No title

まりなさん

>ダムも自然も、人間にとって大切なものですよね。
>共存出来る方法はないのかな?と考えさせられます。

ほんとにそうですよね。
中には既にダムそのものが自然を育む場所になってる場所もあり、
ダムそのものが環境破壊になっている場所もある。

近年のダム作りは環境面に配慮しているとはいえ
水路を分断すること自体、自然にはとてつもないストレスとなる。

個人的にはダムは好きですけど、減らすべきだと思います。

| ぐりぐり | 2009/07/04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/242-df1115e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。