上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山梨県 上来沢川ダム


上来沢川(かみくりさわがわ)ダムは昭和2年に竣工した東京電力の発電用ダムで苔むして趣のある堰堤でしたが老朽化が進んでいたため平成20年5月から今年2月にかけて大規模な改修工事が行われました。今では長年の苔もさっぱりと掃除され改修・補修はバッチリです。しかしながら、平成8~9年にかけダム湖底にたまった砂を吐き出す装置の排砂路を管轄の国土交通省に無許可で改修したことから河川法に基き平成18年11月からダム使用の停止処分を受けてしまいます。また、その改修工事そのものが電気事業法の定める基準に適合しておらず再度の改修・補修が必要となってしまいそんなこんなで最近になってようやくダム使用を再開することができたそうです。なかなか忙しいダムですね。訪問時は改修後でしたので苔むした堰堤は観られませんでしたが新しく生まれ変わった上来沢川ダムを堪能してきました。
改修前の写真はこちらからどうぞ→ (ダム便覧・上来沢川ダム)

2009年6月27日 訪問


いつものように道中はダートな路面です。
山奥なので仕方がないけど考え方によっては悪路も楽しいですよ♪


道中ではこんな堰堤も観ることができます。
後から調べると小規模ながら発電を行っているみたいです。


上来沢川ダム付近までくると車両通行止めとなりここから先は約15分ほど徒歩で進むことになります。


ここは作業車以外はまず通らないんだろうな~。

e.jpg

道中では割と大きな砂坊堰堤がいくつもあります。

c.jpg

道中は緩やかな上り坂でそんなに疲れないです。 道は続くよ上来沢川ダムまで♪

f.jpg

ダムまでの道中にはこんな水たまりもあったりします。

g_20090704084143.jpg

そんなこんなでダムに到着。
到着したのは朝7時30分頃なのでまだ堰体に陽があたりきっていませんでした。

h_20090704090752.jpg

改修工事で苔はすっかり掃除されてしまったけど張石作りの堰体を堪能。
堰体横の大穴がトラブルの多いシリンダーゲートからスライドゲートに改修された問題の排砂門です。

i2.jpg

金網と有刺鉄線で閉ざされた堤頂部手前に立てられた看板。唯一このダムの名称がわかるものです。昭和90年3月まで許可済みなので平成を昭和に戻すと今昭和85年だったかな?

j_20090704095651.jpg

越流部を眺める。
越流部分の真新しいコンクリートは堰体の老朽化に伴う補修工事の際に切り下げられた部分です。 ここだけ観ると近代に作られたダムっぽくて不自然ですが何十年も経てば味が出てくるはず。

k_20090704100136.jpg

水の流水路とダム越流部分、発電用水路の位置関係
流水部からはかなりの勢いで流入中、小武川から取水

m_20090704101337.jpg

ダム湖は上来沢調整池
溜められた水はきれいなエメラルドグリーンでした

n.jpg

近代土木遺産にもなっているダム 上来沢川ダム
まだまだ利用価値があるものは改修・補修し使用されるべきだと思います。
だけど、当たり前の事なんだけど、どこかもったいないと思います。
昭和2年からずっと激動の昭和を見続けてきた上来沢川ダム
時代の流れの中で彼は何を思ったのだろう?
平成となった今も彼は其処で静かに時代を見続けています。
ずっと先の時間の中でいつかまた此処に訪れ彼の思いを聞いてみたいな。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・上来沢川ダム)


2009年7月4日 公開
2017年4月2日 更新
関連記事
スポンサーサイト

| 山梨県 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

期待は無理

ぐりぐりさん今日は。

前回は勢いでコメントし、間違って喜んで頂きましたが、残念ながら二匹目のドジョウはいません。でもまぁ~乾燥・・・・いやいや感想くらいは書かねば男が廃る・・・・笑)

日本で本格的なダムが出来始めたのが何時頃なのか知りませんが、このダムは規模が小さいためなのか直線の構造でも十分なのですね。古いという意味では「爺さん」なのかもしれませんが、発達でいえば「子供」という印象を受けました。性別は未分化!笑)

成る程こういうのを張石作りというんですか。以前、温泉と滝の撮影で行った水上温泉の途中で奈良沢ダムを通ったことがありました。上来沢川ダムよりはかなり大きなダムでしょうが、工法は同じなのでしょうか?コンクリートの打ちっぱなしよりも周りの自然と調和しているようです。人工的な直線は隠しようがありませんが。
http://ketsuka0302.blog90.fc2.com/blog-entry-1529.html

| 忠 | 2017/04/02 | URL |

たしかに張石作りのダムは古いものが多いのですが発達という面では子供というわけではなく優れた部分もあります。
近代のダムはほぼコンクリートでできていますが流れる水流により少しづつ表面が削られてしまうので定期的なメンテナンスが必要です。一方、石は強固な材質ですからコンクリートに比べ摩耗性ではるかに優れます。
それが上来沢川ダムの改修計画で表面(下流側の水が越流する所)は苔の掃除程度にとどまった理由です。
ほぼ100年前になるかと思いますが上来沢川ダム建設当時にも優れた技術と理があり、重機器の発達により効率化され過ぎた現代の技術と理は「モノ作り」という面で当時よりも劣る部分があるのかもしれませんね。

あと、これがダムの魅力なのですが、
ダムの目的や建設地の地質・時代ごとの人件費や部材費用などさまざまな理由から一つとして同じダムは存在しません。
日本全国には3000を超すダムが存在します。
ひとつひとつが異なる表情を持っています。

ダムの形式もさまざまです。
代表的なのは重力式ダム・アーチ式ダム・ロックフィルダム・アースダムの4種ですが、その亜種も多数存在します。
すべてに言えるのは建設時の時代背景に多分に影響を受けていることです。

日本を代表するダムの黒部ダム(くろよんダムや~♪)
ヤツがアーチ式ダムとなった理由や100人以上の殉職者を出す理由、建設中にも電力供給を行った理由やあれほどの工事を短期間でやらなければならなかった理由。

だらだらと書きまくりましたが、そんな情報があるとダムもそれなりに楽しめますよ♪

| ぐりぐり。 | 2017/04/02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/256-59151638

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。