週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

静岡県 井川ダム



井川ダム(いかわダム)は、静岡県静岡市葵区井川(ダム竣工当時は井川村)地先、一級水系 大井川本川上流部に建設されたダム。

フリー百科事典『ウィキペディア』よりダムの説明を拝借しようと思いましたが、様々な意味で特徴がありすぎて長文になりそうなので割愛します。

ご興味のある方はこちらから飛んで確認してみて下さい。
(フリー百科事典『ウィキペディア』 井川ダム)


天端部は県道60号線。
堤体の撮影ポイントはこの県道60号線より下部には無い。
大井川鉄道井川線の終点駅に位置してます。
駅を撮ろうと思いましたが、すっかり本日の運行は終了してる時刻のため断念。


県道60号線が天端を通る。
今回は時間の関係と他のダム撮影のため天端を通過しませんでした。
通りたかった。。。涙
ちなみにここを通過すると、下りのワインディングロードの末に静岡市内まで抜けられるとのこと。


天端の湖側。
湛える湖は井川(いかわ)湖
今回の静岡県のダム湖の水の色はグリーン系が多いように思える。
何かで調べましたが、水の青色と植物系色素の黄色が混じってこんな色になるらしい。
すっげ~適当な説明に自分に感動した!


井川湖をパシャ。
時刻で言えば夕方7時前。
ちなみにここで強烈に空腹を感じる。
そういや朝から何も食べてなかった。
しかしここは静岡市内から程遠い山奥なのでふつーに周囲にコンビニは無いのである。
都会慣れの甘さを出しまくってる自分に若干の危機感を感じた。


井川ダム堤体
見た目での中空重力式ダムの特徴は普通の重力式に比べて堤体が膨れた感じであること。
このダムに関してはちょっと膨れてますが「これって本当に中身は空洞なの?」って感じ。
さすが日本で最古の中空重力式ダムなだけに、初物の試行錯誤感出まくりなのである。
定期的に内部の見学会などもやってるとの事なのでぜひ今度参加してみようそうしよう。


天端より下流を眺める。
ダム横からジャバラのパイプが二本出てますが、これが発電用の導水路。
近年のダムにはない、この無骨な感じが硬派でかっこいい。
井川ダムはきっとオトコだな。(謎)
井川ダムは別名「井川五郎堰堤(いかわごろうえんてい」と呼ばれますが、詳しくは調べて下さい。
なるほど、やっぱりオトコか!(謎深)



日本最古の中空重力式のダム。
特筆すべきはその内部構造にあります。
今回は時間の関係で通過する程度でしたので、次回は予定を組んでじっくり内部見学したいと思います。

関連記事

| 静岡県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/262-1e8cba18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT