週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山梨県 柿元ダム

山梨県 柿元ダム

柿元ダム(かきもとダム)は、山梨県南巨摩郡南部町、一級河川・富士川水系佐野川に建設されたダムです。高さ46.1メートルの重力式コンクリートダムで日本軽金属㈱の発電用ダムです。ダム湖の名称は天子湖(てんしこ)といいます。
とにもかくにも電力会社以外の企業が自家発電用に所有しているダムってだけですごいです。同社の所有で雨畑ダムっていうアーチダムがありますがそっちは立入禁止。当初は立入禁止だと思っていたのですがどうやら立ち入り可能でしたのでいろいろ撮ってみました、柿元ダムの湛える湖は山裾へ真っ直ぐ伸びた細長い湖。その名の通り神秘的な景観の湖で人里離れた山間で吹き抜ける風の音と葉揺らす木々の音以外何も聞こえるものはありません。

2009年6月28日 訪問


訪問時は天気予報通りの雨模様、山道をグングン登り標高が高くなると雨から霧へと変わっていきます。


柿元ダム付近までは5~6キロほどこんな道を登ります。山肌に道路がへばりついているって表現がぴったし合うかも。軽自動車でもこの道はちょっと狭い感じです。


見上げていた高い山々の頂が近くなるころ柿元ダムの堤体が姿を現わします。


柿元ダムの直上より200m程手前にダムまで降りられる管理用通路があります。立入禁止だと思い降りるのを躊躇しているぐりぐりの姿を見た管理人の方に親切にダムまで案内していただくことに。


ダム堤体までの下り道はかなりの急斜面、当日は雨天のためかなり滑りやすい状況でした。


ダム付近の利水許可の看板


天端へ到着。天端手前にあるのはインターフォンと通行者の来訪を管理施設へ知らせるセンサーみたいです。撮れてないのですが柿元ダムは天端に管理施設のある珍しい設計。


ダムの下流側。






美しい景色でした。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・柿元ダム)


2010年4月20日 公開
2017年4月3日 更新
関連記事
スポンサーサイト

| 山梨県 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

怖くないですか?

こんにちは。

看板によるとこのダムの許可年は昭和58年(1983年)、許可期限は平成24年(2012年)となっていますから、すでに期限が過ぎています。許可期間は30年ということですね。するとダムは多分大きさによって許可期間は異なるのでしょうが、このダムは検査を受け、問題がなければ許可が延長されて現在も稼働しているのでしょうね?

成程、いろいろな条件でダムの工法が決まるというのが分かりました。黒部ダムのようなアーチ式の場合は両脇の強固な岩盤が必要で、設計が難しい。その代わりコンクリートの量は節約?できる。この柿元ダムは規模が小さいので重力式にしてもコンクリートの量はそれほど多くは必要とはしない(結局、安く作れる)。

ぐりぐりさんは撮影はいつも一人ですか?僕は、どうもこういう所はクマやヘビ、はたまた幽霊が出そうで怖いです・・・・!マジ)

| 忠 | 2017/04/04 | URL |

たしかに怖いっ!汗

いつもありがとうございます。

ココへの訪問は8年ほど前なのですが現在も元気いっぱいブリブリ電気を作ってると思われます。
黒部ダムは型式上でアーチ式ダムですが小分類で「ウイングダム」になります。自重で支える重量式ダムとツッパって支えるアーチ式ダムのハイブリッドな感じです。ヤツが建設された昭和30年代のコンクリートは高価だったようですがあれほどデカいダムへかかる水圧は相当なものでしょうし、ヤツの永い運用を考慮し当時の関西電力さんは採算度外視だったのでしょう。詳しくはわかりません♪(笑)

ダム撮影時はほぼ一人でした。
当時はヘッチャラでしたが今になって見直すとこんな怖いことよくやってたなぁ~と。オバケより怪我についてです。観光地化されていないダムは危険な場所も多く崖ギリギリで撮影したりとかしょっちゅうやってました。人里離れた山奥で怪我して身動きできなくなった時をイメージするとゾッとします。死んじゃう・・・汗

オバケについては2つネタあります♪
1つはチャンチャン(^^♪、も1つはマジ?なのです♪

何事も安全第一ですね^^

| ぐりぐり。 | 2017/04/04 | URL |

オバケと高所と

黒部ダムについては石原裕次郎の「黒部の太陽」という映画で建設時の様子が描かれていました。どこまで事実なのかは知りませんが、考えただけでも困難さが分かります。現代ならば、リニア新幹線のアルプスを抜けるトンネル工事かもしれません。

僕は、オバケと高所はダメなんです。もう怖くて怖くて。僕の祖先はサルじゃなかったのかもしれません!以前、東京タワーに間違って上った時も展望台の内側の壁にしがみついていました!笑)

滝の撮影も危険な場合もあります。お互い怪我には気をつけましょう!
http://ketsuka0302.blog90.fc2.com/blog-entry-1454.html

| 忠 | 2017/04/05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/269-940d9c05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT