週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山梨県 柿元ダム

山梨県 柿元ダム

柿元ダム(かきもとダム)は、山梨県南巨摩郡南部町、一級河川・富士川水系佐野川に建設されたダムです。高さ46.1メートルの重力式コンクリートダムで日本軽金属㈱の発電用ダムです。
ダム湖の名称は天子湖(てんしこ)といいます。

とにもかくにも、電力会社以外の企業が自家発電用に所有しているダムってだけですごいですよね。
同社の所有で雨畑ダムっていうアーチダムがありますが、そっちは立入禁止。
最初、柿元ダムも立入禁止だと思っていたので進入に躊躇していたら管理人さんに話しかけられ「上は通れますよ♪」と気さくに話しかけてもらいました。
何処の馬の骨とも知らない輩なのに大変親切にダムの説明をして頂き有難う御座いました。

ダム湖は天子湖という名称、空撮では山裾に真っ直ぐ伸びた細長い湖です。
その名の通り、ぐりぐりの数少ないダム巡りの中で観たダム湖の中で一番神秘的な景観を持つ湖。
人里離れた山奥、山間を吹き抜ける風の音と葉揺らす木々の音以外何も聞こえるものはありません。

※平成21年6月28日 訪問


本日は天気予報通り、雨時々曇りの天候です。
下流は雨ですが、車でぐんぐん山道を登り標高が高くなると雨から霧になります。
山の天気ってほんと不思議です。


柿元ダム付近までは5~6キロほどこんな道を登ります。
山肌に道路がへばりついている。 って表現がぴったし合うかも。
軽自動車ですらこの道はちょっと狭い感じです。


見上げていた高い山々の頂が近くなるころ、柿元ダムの堤体が姿を現わします。


柿元ダムの直上より200m程手前に、ダムまで降りられる管理用通路がある。
立入禁止だと思い降りるのを躊躇しているぐりぐりの姿を見た管理人の方に親切にダムまで案内していただくことに。


ダム堤体までの下り道はかなりの急斜面です。
当日は雨天のためかなり滑りやすい状況でした。


ダム付近の利水許可の看板


天端に到着。
天端手前にあるのはインターフォンと通行者を天端中央の施設に知らせるセンサーらしい。
ふつーに写真を撮り損ねていますが、この柿元ダムは天端に管理施設がある珍しい設計です。
ちなみに休憩室は和室でした。


ダムの下流側。
洪水吐きを通る水の流れは鬱蒼とした森の中へ消えて行く。
雨で濡れた堤体と、その先の鬱蒼とした森
人里離れた自然と人工物の対比


天端中央付近から眺める天子湖。
山裾の細長い湖と沸き立つ水蒸気、雲の表情


登山ルート側の天端。
森から沸き立つ水蒸気が時折の強い風に流され柿元ダムの堤体に。


屹立な山々と、その合間に作られた縦長の人造湖が織り成す様はまさに神秘的です。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・柿元ダム)


※平成22年4月20日 修正
関連記事

| 山梨県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/269-940d9c05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT