上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡県 横沢川第一堰堤

横沢川第一堰堤

横沢川第一堰堤(よこさわかわだいいちえんてい)は大井川水系・横沢川に建設されたダムです。
下部ダムである横沢川第二ダムから更に上流へ200m進んだ場所にあります。
横沢川第二ダムの訪問時にたまたまその存在を知り、ここに到着しました。

調べましたが横沢川第二ダムも含め、この堰堤に関する情報はほとんどありません。
何時の時代に建造され機能は何であったのかは現時点では不明です。




堰堤より湖側
竣工当時、ここには小規模のダム湖があったと思われる。
推測の域でしかありませんが、時間の流れの中で推砂により完全に埋まってしまったと思われます。


堤体正面
型式としては洪水吐きゲート付きの自然越流型であり、それなりの堤高があったことが推測できる。
もしかしたら、大規模な崩落により堰堤ごと一度は埋まってしまったかも知れない。


洪水吐きゲート
開放側で固定され、鉄格子が張られているので、流れてきた水は貯水されず流過するのみ。
意図は不明ですが何らかの事態が起こり、その後改修を受け整流・砂防機能に特化されたものと思われます。



昭和11年竣工の横沢第二ダムの少し上流
以下流域の堰堤群を影ながら支えている堰堤が此処に存在します。
今では改修を受け、現役当時の雄姿を確認できるものはありません。
ですが、此処に来て良かったと思います。
此処で役目を持ち、今も現存している姿を観ることができたので。

時代の流れの中、土木技術の発展により下流域に大型で新しいダムが建設される。
新しいダムが貯水する水位標高は、上流域のダム標高を上回るように計画されることもあるため、
この場合上流のダムは水没し、機能を失ったダムは新しいダムの貯水池の底で半永久に眠りにつきます。

長い長い時間の流れの中で姿を変え役割を変化し、今も静かに機能するダムが此処に存在しました。
関連記事
スポンサーサイト

| 静岡県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/283-adc575cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。