週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長野県 山口ダム


山口ダム(やまぐちだむ)は、長野県木曽郡南木曾町・木曾川水系木曾川に昭和32年に建設された堰堤高38.6m、堰堤幅181.4mの関西電力㈱所有の発電用途の重力式コンクリートダムです。

平成22年5月17日 訪問


国道19号線を走行中に堤体を発見するもスルーしてしまったのでまずは上流側から。
ですが、右岸側は通行止めになっているので来た道を引き返す事になりました。。。


ちなみにダム湖上流には読書発電所があります。
ここから数キロ先には読書ダムがあり、ここまで導水され発電を行っています。




ダム湖側から見た山口ダム
個人的に素晴らしい名称のダムである。(謎)


国道19号を引き返し一つ目の信号を右折、さらにその先の分岐点を右折して19号線の下を通るトンネルを抜けると山口ダムの下流側を通る橋が現れます。
この橋は現在通行止めとなっています。
この辺には駐車場はありませんが広いので適当な場所に車を止められます。


通行止めの橋の上より堤体正面
訪問時は正午でしたのできれいに堤体に陽が当たっていました。
遠路遥々来ただけにとても嬉しい。


放流中の第2ゲートのアップ
下流の河川維持の放流なのでいつでも見られるとのこと。
かんでんダムの特徴であるブラックゲートがシックでかっこいい!
家に持って帰りたい。。。


下流側、晴天にも恵まれて最高のダム日和。
河川の水は透明感のあるグリーン色

230_20100523033626.jpg

それにしてもなんてかっこいいんだ。中・小規模のまとまり感のあるダムが好みのぐりぐりにはたまらなくかっこよく見えてしまいます。


しばらく橋の上で山口ダムを眺めていると監視員さんが登場。
談笑(職質?)の中で、なんと監視員さんもダムマニアであることが発覚!
100基程訪問されダムカードも15枚ほどゲットしているとの事。すごい!
次に向かう予定の読書ダムの特徴を丁寧に説明して頂きました。
個人的に連絡先を交換させて頂きました♪今度、神奈川県のダムカード郵送しますね♪


ダム本体はその目的のために立入が制限されていますが携わるスタッフの皆さんはとても開放的でした。親切・丁寧に対応していただき、ありがとうございました♪


5月26日 追記
そんな山口ダムの監視員さんから素晴らしい写真と励ましのお手紙が届きました♪


普段ひねくれ気味のぐりぐりですが、これには素直に感動しました。
何事もそうですが「継続」はある期を境に「苦痛との戦い」に変化していくものです。
人から見れば価値の無いことでも、それでも続けることで出会える人たちがいる。
それだけで続けるための十分な理由だと思えました。
自分のためにも、こういう出会いは大切にしていきたいと思います。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・山口ダム)
関連記事
スポンサーサイト

| 長野県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/502-28418125

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT