上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千葉県 片倉ダム

227_20100809025423.jpg

片倉(かたくら)ダムは、洪水調節・防災・不特定用水・河川維持用水・上水道用水を目的として、千葉県君津市片倉・小櫃川水系笹川に昭和49年に着工・平成13年に完成した堰堤高42.7m・堰堤長154.0mの重力式コンクリートダムで、千葉県が管轄しているダムとしては最近年に建設された部類に入ります。ダム湖である笹川湖(ささがわこ)周辺には公園などもあるのでダム周辺を散策したりハイキングなど自然を満喫できるほか、笹川湖はバス釣りポイントとしてもとても有名とのこと。

平成21年9月27日 訪問


千葉県南方面はその土地柄的に周囲を海に囲まれているので水源に乏しく、農業用水や飲み水を確保するために昔から積極的にダムが作られていました。そのため数十基ある既設ダムのほとんどがアースダムでかなり年代のものも現役で活躍しています。そんな中、片倉ダムなど近年に建設されたダムは重力式やロックフィル式が採用されていますが役割は他の既設のアースダムと大差はないようです。溜池大国・千葉県という感じでしょうか。



そして、そんな新興のダム群は山の中にドーンと現れる!という感じではなく、通常の河川に溜池を作るために作られたという雰囲気です。



天端より下流側を眺める。
片倉ダムの下流側の斜頚が緩いので40m超えでもそれほど高さを感じさせない。
左岸からの放流は河川維持放流とのこと。施設建物がとってもきれい♪


天端は徒歩でのみ通行ができます。
若干通路は湖側に傾いてる???


通路にはお洒落なバルコニー付き。湖側と下流側両方にバルコニーが付いています。
新しいダムはお洒落にも余念がない???


左岸側のバルコニーから笹川湖
訪問時は洪水期のため水位はかなり低い。千葉県南方特有の景色として山々の低さが印象的でした。それなりに奥地なんだけどな~。
長野県とかだと景色の先に高々と雪を被った連峰が見えたりするんだけど。。。


最後に片倉ダム本体についての印象。
バルコニーやら天端の灯やら施設の作りやら所々にこだわりがあるように感じますが、ダム本体そのもののデザインには旧式な部分もあるように感じました。一言で言うと平成生まれの昭和顔って感じですかね。もろもろと千葉県のダムは興味深いわぁ~♪

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・片倉ダム)
関連記事
スポンサーサイト

| 千葉県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gurigurisama.blog42.fc2.com/tb.php/512-c51273c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。