週末はダムに居るかもね♪

ブログは恥の書き捨て。

≫ EDIT

看板わんわん


公園で見つけた看板わんわん
どうにもゴールの見つからない複雑な表情が素晴らしいです。


「困ったまゆげ」をとったらすっきりしました^^
最初からこれで良かったんじゃない^^?


「強気まゆげ」にしたら強気になっちゃった!


※僕の素晴らしい編集技術で画像加工しています。
  本物の看板やわんわんにまゆげを書いちゃダメですYO!

| Photo | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

静岡県 横沢川第二ダム

横沢第二ダム

横沢第二ダムは中部電力所有の発電用ダムとして大井川水系・横沢川に昭和11年に竣工。堤高18.5mの小規模な発電用ダムという事以外あまり解りません。マイナーなダムのためかインターネットでも情報が少ないようです。
ここまで来る道中(車・徒歩含め)かなり危険な箇所をいくつか通ります。今回は何無事に戻ってきましたが道中は足場が非常に脆く崩落が激しいため辿り着けても帰りは道が無いという事態も十分にあります。もし行かれるのならある程度の身辺整理と事前準備をお勧めします。また、一部立入り禁止区間などもありますので事前の立入り許可も得る必要があります。総じてそうですがダムの大半は人里遠く離れた山間に存在します。安全のため出来る限り一人での訪問は避けて下さい。ってことでビビらせるのはこれくらいにしてどうぞ♪


ダートはもはや慣れてますので何も感じません。
この後の恐怖体験をするずっと手前の場所で。


雨が降り出しましたがガ○コ(\698)で視界バッチリです。
・・・・・・・・・・・・。
※恐怖体験中のためしばらくお待ち下さい。

うん、命は尊い!
神奈川県在住 ぐりぐりさん 魂の叫び


道中の事をかなり割愛してダムの監査路に到着。かなり凶暴な下り坂です。


坂を下るとすぐに広い空間が現れる。


その空間より少し進むと堤体らしき姿を発見。


取水塔とダム湖、今まで見たことのない神秘的な乳緑色の湖面


水利使用標識を発見。平成30年3月まで使用許可を得ています。


標識よりすぐ近くから堤体を眺めることができる。
季節は6月末、繁々とした緑にその姿を囲まれるようにダムが鎮座している。


下流に下り水路脇へ


この水路が使われたのはどれほど前なのだろうか。
少なくても直近で使われた痕跡は見当たらない。


ダム堤体、時間の流れの中で苔と緑にその身を隠すかのように佇む。
管理所の方々以外では久々の訪問客なのだろうか。こんなことを言うと変な奴と思われてしまいそうですが長い時間の中で役割を果たしてきた建造物には意思があるように感じてしまいます。横沢川第二ダムを観ていると彼らに意思が無いとは思えませんでした。「そっとしておいてほしい」何故かそういうものを感じます。
きっと道中の険しさも彼の意思によるものなのかも知れません。いつもは目標のダムへ辿り着くとはしゃいでバシャバシャと撮ります。来るまでに苦労があれば尚更なのですがなぜか此処ではいつもの半数以下。これも彼の意思によるものなのでしょうか。

彼が聴く音や触れる空気、見つめる情景の一部を共有して此処を去ります。たぶん此処にはもう来ないでしょう。でも此処で彼と対話した記憶はずっと私の中に残る。うまく言えませんがそんな感じです。ありがとう。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・横沢川第二ダム)




道中も含めいろいろと不思議なダムでした。記憶では、まず最初は工事業者さんの敷地を通過しないといけなくてその後はダートがしばらく続きます。道中は荒れてますが舗装区間もあり、ガードレールのない軽自動車がやっと通れるような区間もありました。特にヤヴァイのが後者、落ちたら100mくらい下の沢までほぼまっしぐらなのでたぶん逝く・・・いや確実に逝く。訪問当時その区間はさらに土砂による追加サービスを施されてたもんだから過剰なサービスは良くない事を学びました。土砂がドシャー区間で5分ほど逝くか退くかと悩みましたが逝くことにしました。崖へのシネシネ角度がハンパなかったです。あれほど車内での体重バランスに気を使う運転は今後の僕の人生でないと思います。わかんないけど。

2009年8月26日 公開
2017年4月9日  更新

| 静岡県 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山梨県 柿元ダム

山梨県 柿元ダム

柿元ダム(かきもとダム)は、山梨県南巨摩郡南部町、一級河川・富士川水系佐野川に建設されたダムです。高さ46.1メートルの重力式コンクリートダムで日本軽金属㈱の発電用ダムです。ダム湖の名称は天子湖(てんしこ)といいます。
とにもかくにも電力会社以外の企業が自家発電用に所有しているダムってだけですごいです。同社の所有で雨畑ダムっていうアーチダムがありますがそっちは立入禁止。当初は立入禁止だと思っていたのですがどうやら立ち入り可能でしたのでいろいろ撮ってみました、柿元ダムの湛える湖は山裾へ真っ直ぐ伸びた細長い湖。その名の通り神秘的な景観の湖で人里離れた山間で吹き抜ける風の音と葉揺らす木々の音以外何も聞こえるものはありません。

2009年6月28日 訪問


訪問時は天気予報通りの雨模様、山道をグングン登り標高が高くなると雨から霧へと変わっていきます。


柿元ダム付近までは5~6キロほどこんな道を登ります。山肌に道路がへばりついているって表現がぴったし合うかも。軽自動車でもこの道はちょっと狭い感じです。


見上げていた高い山々の頂が近くなるころ柿元ダムの堤体が姿を現わします。


柿元ダムの直上より200m程手前にダムまで降りられる管理用通路があります。立入禁止だと思い降りるのを躊躇しているぐりぐりの姿を見た管理人の方に親切にダムまで案内していただくことに。


ダム堤体までの下り道はかなりの急斜面、当日は雨天のためかなり滑りやすい状況でした。


ダム付近の利水許可の看板


天端へ到着。天端手前にあるのはインターフォンと通行者の来訪を管理施設へ知らせるセンサーみたいです。撮れてないのですが柿元ダムは天端に管理施設のある珍しい設計。


ダムの下流側。






美しい景色でした。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・柿元ダム)


2010年4月20日 公開
2017年4月3日 更新

| 山梨県 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

河童の川流れのように



シラス~シラス~泳いできた~♪



ふとく~短いこの川~☆彡 (おーいえぁー!)



振り返れば~はるか~とおく~故郷がみえる☆彡(おーいえぁー!)



凸凹川や~☆彡(おーいえぁー!)



曲がりくねっっちゃてるかわ~ん☆彡(おーいえぁー!)



地図なんか最初から持ってないもん~☆彡(おーいえぁー!)



それがまた面白いんですよ~♪(おーいえぁー!)



ぁ~あ”~!! かっぱのかわn(以下省略)



YOUたち川の流れにもまれちゃいなよっ!
さあ行ってこい!  ぐっ!(サムズアップ)




| いろいろ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山梨県 頭佐沢ダム


山梨県 頭佐沢(ずさざわ)ダム
東京電力の発電専用の1926年に完成した重力式コンクリートダムです。
この日は貯水量が少なくて発電専用に特化してる様を撮ることができました。ほぼ言ってますが貯水池のど真ん中を横断している導水鉄管の理由は後ほど判明します。


いつもの事ですがふつーに山の中にあります。山があるのにない県はどこでしょう?フフン♪


頭佐沢ダムまで降りられる道路ですが道幅は狭く見た目以上の深い角度、おまけにダートとくれば車を降りて徒歩で向かうのが無難です。前日の夜に下見で車で降りましたがえらい目に遭いました 涙


明るい時にはこんなお知らせを発見したりします。汗 音が鳴るものがないのでキーホルダーの鍵をチャリチャリ鳴らすという無意味な行動をしてみる


150mほど下るとダムの堰堤に到着 スペック上では堰堤高21mだけど大きさはあまり感じません。


堰堤よりダム湖を眺める
後から知りましたがこの日はかなり水位が低い状態


ダム湖から堰堤を眺める ここからだとちゃんとした小ぶりなダムです。


管理小屋がありますがここは常に無人の様子でした。


コンクリート壁の中で水がワッシャワッシャしてます。おそらく水中の壁の側面に導水穴があるのでそこから出た水が湖面の流れを作っているみたいです。貯水量があるときにはここから水が湧き出ているように見えるのかも?また、視点の先には長野県から導水される導水路が見えます。水面から出ている鉄管は導水された水を発電用取水口付近まで導くものであることが解ります。


ワッシャワッシャしてる所と発電用取水口の位置関係
微量ながら発電用取水を行っている様子です。


導水された水を発電用取水口付近まで運ぶ鉄管
普段は水深があるので通常は水面下に沈んでいるのでしょう。


頭佐沢ダムを上から見渡せる場所から
水位が低い事もありますがそもそも湖底の深さがないように見えました。これは堆砂の影響ではなくもともとの作りで水深は低く作られてたものと思います。発電専用のダムは水深が低く貯水機能が無くても水流さえ確保できれば発電が可能です。建築当初はおそらく貯水池を横断して発電用取水口まで続く導水鉄管は無く効率的に水流を確保するために後から増設されたものだと思われます。

発電専用に建設された頭佐沢ダム
人がほとんど訪れることのないダムです。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・頭佐沢ダム)


2009年7月1日 公開
2017年4月2日 更新

| 山梨県 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山梨県 上来沢川ダム


上来沢川(かみくりさわがわ)ダムは昭和2年に竣工した東京電力の発電用ダムで苔むして趣のある堰堤でしたが老朽化が進んでいたため平成20年5月から今年2月にかけて大規模な改修工事が行われました。今では長年の苔もさっぱりと掃除され改修・補修はバッチリです。しかしながら、平成8~9年にかけダム湖底にたまった砂を吐き出す装置の排砂路を管轄の国土交通省に無許可で改修したことから河川法に基き平成18年11月からダム使用の停止処分を受けてしまいます。また、その改修工事そのものが電気事業法の定める基準に適合しておらず再度の改修・補修が必要となってしまいそんなこんなで最近になってようやくダム使用を再開することができたそうです。なかなか忙しいダムですね。訪問時は改修後でしたので苔むした堰堤は観られませんでしたが新しく生まれ変わった上来沢川ダムを堪能してきました。
改修前の写真はこちらからどうぞ→ (ダム便覧・上来沢川ダム)

2009年6月27日 訪問


いつものように道中はダートな路面です。
山奥なので仕方がないけど考え方によっては悪路も楽しいですよ♪


道中ではこんな堰堤も観ることができます。
後から調べると小規模ながら発電を行っているみたいです。


上来沢川ダム付近までくると車両通行止めとなりここから先は約15分ほど徒歩で進むことになります。


ここは作業車以外はまず通らないんだろうな~。

e.jpg

道中では割と大きな砂坊堰堤がいくつもあります。

c.jpg

道中は緩やかな上り坂でそんなに疲れないです。 道は続くよ上来沢川ダムまで♪

f.jpg

ダムまでの道中にはこんな水たまりもあったりします。

g_20090704084143.jpg

そんなこんなでダムに到着。
到着したのは朝7時30分頃なのでまだ堰体に陽があたりきっていませんでした。

h_20090704090752.jpg

改修工事で苔はすっかり掃除されてしまったけど張石作りの堰体を堪能。
堰体横の大穴がトラブルの多いシリンダーゲートからスライドゲートに改修された問題の排砂門です。

i2.jpg

金網と有刺鉄線で閉ざされた堤頂部手前に立てられた看板。唯一このダムの名称がわかるものです。昭和90年3月まで許可済みなので平成を昭和に戻すと今昭和85年だったかな?

j_20090704095651.jpg

越流部を眺める。
越流部分の真新しいコンクリートは堰体の老朽化に伴う補修工事の際に切り下げられた部分です。 ここだけ観ると近代に作られたダムっぽくて不自然ですが何十年も経てば味が出てくるはず。

k_20090704100136.jpg

水の流水路とダム越流部分、発電用水路の位置関係
流水部からはかなりの勢いで流入中、小武川から取水

m_20090704101337.jpg

ダム湖は上来沢調整池
溜められた水はきれいなエメラルドグリーンでした

n.jpg

近代土木遺産にもなっているダム 上来沢川ダム
まだまだ利用価値があるものは改修・補修し使用されるべきだと思います。
だけど、当たり前の事なんだけど、どこかもったいないと思います。
昭和2年からずっと激動の昭和を見続けてきた上来沢川ダム
時代の流れの中で彼は何を思ったのだろう?
平成となった今も彼は其処で静かに時代を見続けています。
ずっと先の時間の中でいつかまた此処に訪れ彼の思いを聞いてみたいな。

地図はこちらをクリック→ (DamMaps・上来沢川ダム)


2009年7月4日 公開
2017年4月2日 更新

| 山梨県 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT